犬 アレルギー対処方法

フレンチ君に会ってきました

P1000144

情報をお寄せいただいている皆さま へ

いつもありがとうございます。
昨日、フレンチ君に会ってまいりました。

アレルギーの状態は、抗生物質だけでは治療できないものだと思いましたが、とっても良い子でした。

遊び好きで、一生懸命遊ぶので少し興奮しやすいのですが、絶対に人の手や腕に“歯”を当てる事もなく、短いマズルを動かして、遊んでおりました。

その様子は、犬やフレンチブルドッグを飼われた事のない方ですと『フガフガ、ガウガウ』が怖いかもしれませんが、楽しくてのフガフガです。

吠えることに関しても、威嚇の吠えではなく、遊びたい、かまって欲しいの吠えのように思えました。
もちろん、環境の変化で変わってくる部分もあると思いますが、十分治せるかと思いました。

<アレルギーの状態>
◎全身に渡る赤みと痒み
◎皮脂が過剰に出ている
◎皮脂の臭いがする
◎抗生物質を飲むと赤みや痒みはなくなるものの、
 油っぽさは取れない
◎多くのアレルゲンを持っている
以上の状況です。

薬湯などが必用かと思いますが、何かお気付きの点がございましたら、情報をお寄せいただけますようお願いいたします。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ペット | 犬 アレルギー対処方法